原2どれを買おうか迷ってる人必見!!ざっくり原付2種比較表

1.はじめに

原付2種、略して’原2’は各社から様々な製品が販売されていますよね。

以前の記事でお伝えしましたが、僕はだいぶ悩んだ挙句にPCXを購入しました。

その際、候補のバイク同士を比較しやすいようExcelで比較表を作っていました。

とはいっても、それはメーカーのカタログ値を参考にして作った簡単なものですが。

以下に載せる表はその当時のものです(2017年5月あたり)。

これから原付2種の購入を考えている方のお役にたてればうれしいです。

 

 

2.ざっくり原付2種比較表

(※黄色は他車より優れていること、赤色は他車より劣っていることを意味します。)

f:id:a100years:20170920215646j:plain

 実は、自分の中ではカブも重要候補に入っていたのですが、今回は原付2種のスクーター同士の比較をわかりやすくしたかったため表には載せませんでした。

 (いつかは乗りつぶしたいなぁ!とは思っています。)

 3.それぞれの良いところ悪いところ

  • 車体、車重

 PCX、NMAXは他車に比べて車体が大きいです。

数字で見ると大した違いはないように思えますが、実際はひとまわり以上は大きいと考えたほうがいいです。

そのため、交通量が多い人口密集地に住んでいる方で、すり抜けをガンガンしたいと考えている方や買い物や通勤通学での下車後、頻繁に駐車場所まで押し歩きをしなければならない方は少し注意したほうが良さそうですね。

 

 重さについてもPCX、NMAXは他車に比べて少なくとも10Kgは重くなっています。PCXとDio110、アクシスZの比較ではなんと30Kgも違いがあります。

この違いは取り回し、特に押し歩き時の取り回しに大きく影響します。

そのため、女性やお年寄りの方は試乗時などに各車の重さを体感しておくことも大切なことだと思います。

  • 燃費

ディオ110とアクシスZはリッター55㎞前後まで走ることができます。

一方、BW'S125では36.1kmしか走ることができません。

ただ、このちがいは経済性を重視するか遊び心を重視するかでとらえかたが変わってくるところかと思います。

  • 燃料タンク容量

PCXなら8ℓもガソリンを入れることができます。

PCXの燃費が50.6/ℓなので「レギュラー満タンで」で400Km 以上もの距離、東京駅から名古屋や仙台までノンストップで行くことができます。

このように考えると、燃費に目が行きがちになりますが実は燃料タンクの大きさも大事なファクターであることがわかりますね(特に自分のような面倒くさがり屋、ツーリングなどの長距離移動を考えている方)。

  • 始動方式

 購入当初は気にもとめないようなことですが、Dio110のようにキック式があるといざというときに役に立つことがあるかもしれません(とくに乗りつぶそうと考えている方にとっては)。

ちなみにPCXは後付けでキックスターターが売ってるみたいです。

  • シート下収納スペース

リード125とアクシスZの2車は圧巻です。

 下の画像はリード125です。

f:id:a100years:20170920224723j:plain

 フルフェイスヘルメット1コとジェットヘルメット1コがスッポリ入ってますね。すごい。

 一方、DIO110ではフルフェイス1コ入れたら終わりです。

もっとも、原2乗りでフルフェイスを被るほどヘルメットにこだわりがある方は圧倒的に少数派だと思いますが。笑

4.おわりに

上の比較は単純な数値上の比較にすぎません。

そのため各項目の良し悪しはみなさん自身の使用用途やものの考え方によって違うとらえかたができたりします。

したがって、バイク選びをするときにはバイク自体のスペックを気にすることももちろん重要なのですが、自分がどういう乗り方をするのか(したいのか)、何が重要で何が重要じゃないのかなど自分自身の考えを整理していくことも大事なことだったりします。

以上、簡単な比較でしたが原2の購入を検討されているどなたかの参考になれたらうれしいです。

 

それでは,